カーライフ情報を様々な角度から紹介

大人の快適カーライフ

アイドリングストップ車でスムーズな発進をするには

投稿日:

アイドリングストップは、燃費向上に大きく貢献する機能です。

運転操作から自動的にエンジンのON、OFFが切り替わるので操作をしてなくて良いのも便利ですね。

ただ、車種によってはギクシャク感があったりするのも事実で、まだ、発展途上の技術なんですね。

ブレーキペダルを少し緩める

アイドリングストップ中にブレーキペダルを少し緩めることでエンジンをかけることができます。

ポイントは、アイドリングストップになったらグッとブレーキペダルを踏み込んでおいて踏みしろを出しておくことです。踏みが甘いとエンジンが始動しなかったり、クリープ現象で前に進んでしまうかもしれません。

なお、メーカーや車種によって機能そのものが違っているので、説明書をよく読んでアイドリングストップの概要を把握しておくことも重要です。

しかし、うまく使いこなせばギクシャク感がなくなるだけでなく、エンジンにも環境にも優しい運転ができると思います。

マニュアル車の場合は?

ちなみに、マニュアル車の場合は、クラッチを踏み込むことでエンジンが始動します。

アイドリングストップへの移行はオートマチック車とあまり変わりありませんが、クラッチを踏んでいる間はエンジンが切れることはありません。従ってアイドリングストップをOFFにしなくても、エンジンのON、OFが思いのまま操作ができますし、クリープ現象がない分、オートマチック車のようなギクシャク感も少なくなります。この辺りはマニュアル車らしい操作感と言えますね。

 

思い通りにいかなかったり、ON、OFFがうっとおしくなったら、アイドリングストップをOFFにしてしまうのも一つの手段かと思います。

※危険ですから公道で試すことはせず、必ず広い場所で試験走行をしてから実用してください。


「大人の快適カーライフ」へお越しいただきありがとうございます。
モチベーションアップのためブログランキングに登録しています!
↓おもしろかった、役に立ったなと思ったら下記クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





-ドライビング

Copyright© 大人の快適カーライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.